「アフィリエイト管理表」をVer1.1.0にアップデートしました

「アフィリエイト管理表」をVer.1.1.0にアップデートしました

来年(2018年)に向けて、このたび「アフィリエイト管理表」をVer1.1.0にアップデートしましたので、お知らせとともにアップデート箇所などを簡単に説明しますね。

ちなみに、今までのアップデートでは、チョコチョコとしたマイナーアップデートでしたので「Ver1.0.**」としていましたが、今回は色々と変更を加えたため「Ver1.1.0」としております。

スポンサーリンク

今回アップデートした箇所

今回アップデートした箇所

今回アップデートした箇所は以下のとおりです。

  • 【管理表全体】非表示にしていた項目を「グループ化」に変更、月別項目内の日付を2018年に変更。
  • 【アフィリエイト売上管理表】消費税の計算を自動化、祝日を2018年に対応。
  • 【サイト別実績管理表】に連動した「サイト別実績グラフ」シートを追加。
  • 【年間収支管理表】「ASP収益割合グラフ」と「年間収支推移グラフ」を追加。

【管理表全体】非表示にしていた項目を「グループ化」に変更、月別項目内の日付を「2018年」に変更

【管理表全体】非表示にしていた項目を「グループ化」に変更、月別項目内の日付を2018年に変更

非表示にしていた項目を「グループ化」に変更。

これまで表示が不要だった項目は、右クリックからの「非表示」で項目を隠していましたが、どこに隠し項目があるのかわかりやすくするために、エクセルが持つ機能の一つである「グループ化」を使って、ボタン一つで表示と非表示を簡単にできるようにしました。

なぜ最初からこの機能を使わなかったのかと言うと、右クリックからの非表示が個人的に手っ取り早かったからです。(横着しててごめんなさい笑)

また、各管理表の月別項目に表示させていた「○月」に関しても、実際セル内に入力されている値は「2017/01/01」などだったのですが、これも全て2018年に修正しました。

管理表内の一部の項目を非表示にしていた理由

この隠し項目についてですが、そもそもなぜ非表示にする必要があるのか?と言うと、非表示にしている項目は計算させるためだけに作っている項目で、普段から表示させているとジャマになってしまうからです。

ちなみに、非表示の項目を再表示させるためには、管理表の上部にある「+」をクリックすると展開されます。

ただし、シートを保護した状態ですと展開できないので、下記の図のように「シート保護の解除」をしてから展開してください。(当管理表は、デフォルトの状態ではシートにロックをかけています)

エクセル上部にある『校閲』タブで「シートの保護解除」をクリック

エクセル上部にある『校閲』タブで「シートの保護解除」をクリック

エクセル上部にある『校閲』タブで「シートの保護解除」をクリック。

管理表の上部にある「+」をクリックすると

管理表の上部にある「+」をクリックすると

管理表の上部にある「+」をクリックすると?

非表示にされていた項目が再表示される

非表示にされていた項目が再表示される

非表示にされていた項目が再表示される!

【アフィリエイト売上管理表】消費税の計算を自動化、祝日を2018年に対応

【アフィリエイト売上管理表】消費税の計算を自動化

消費税の計算を自動化。

祝日を2018年に対応

祝日を2018年に対応。

アフィリエイトで発生した報酬で、入金時に加算される消費税の計算は、これまで手動計算で出すようにしていました。

理由としては、「アフィリで稼いだ報酬を全部自動で計算できる『アフィリエイト売上管理表』の使い方」でもお話ししたとおり、ASPや広告主によって消費税の計算で発生する小数点の扱いが異なるからです。

しかし、最近はほとんどのASPや広告主が、小数点を『切り捨て』にしていることが多いことを鑑みて、当管理表でも以下のように消費税を自動計算にしました。(私自身もイチイチ手動計算するのがメンドウだった)

  • 「単価(発生報酬)」に対して8%(0.08)をかける。
  • 小数点は「ROUNDDOWN関数」で切り捨て。
消費税を自動計算にしたら他の項目にエラーが発生してしまったため、数式をちょっとだけ微調整いたしました。

ただし、中には小数点を繰り上げてくれたり四捨五入したりなど、良心的な業者もあるかもしれないので、その場合には手動で数式を修正してください。

また、金融機関休業日についても2018年の祝日に対応しました。

当管理表の中でも、おそらく一番複雑に作られているのが、この『アフィリエイト売上管理表』です。この『アフィリエイト売上管理表』を使いこなすことができれば、アフィリエイト報酬に関する計算を全て自動で処理し、一括で管理することができるようになります。

【サイト別実績管理表】に連動した「サイト別実績グラフ」シートを追加

【サイト別実績管理表】に連動した「サイト別実績グラフ」シートを追加

「サイト別実績グラフ」シートを追加。※上記グラフはサンプルです。

今回のバージョンでは上記のような簡単な棒グラフを追加して、視覚的にサイト毎のパフォーマンスがわかりやすくなるようにしました。

そもそも、なぜ今までグラフを作っていなかったかと言うと、作るのがメンドウだったアフィリエイトは基本的に一人で行うものであり、誰にも報告することがないのならグラフは必要ないと思っていたからです。

私個人の考え方として、グラフというものは、上司やクライアントに自分(自社)の成果をわかりやすく伝えるためのツールだと考えているので。

しかし、それはあくまでも私個人の考えであり、グラフを追加してほしいと考えている人たちのが多いんじゃないかと思い、今回作ってみました。

ちなみに、グラフの参照元データは、下記画像のように『サイト別実績管理表』にある「合計報酬額(未確定)」の報酬額です。

『サイト別実績管理表』にある「合計報酬額(未確定)」の報酬額がグラフに反映される。

『サイト別実績管理表』にある「合計報酬額(未確定)」の報酬額がグラフに反映される。※上記データはサンプルです。

『サイト別実績管理表』では、『ドメイン管理表』で登録している全てのサイトのパフォーマンスを確認することができます。ほとんどの項目を自動計算で処理させているので、正直マニュアルは不要かもしれませんが、このページでは補足も兼ねて解説していきたいと思います。

【年間収支管理表】「ASP収益割合グラフ」と「年間収支推移グラフ」を追加

「ASP収益割合グラフ」と「年間収支推移グラフ」を追加。※上記データはサンプルです。

「ASP収益割合グラフ」と「年間収支推移グラフ」を追加。※上記データはサンプルです。

『年間収支管理表』にも、ASP毎の収益グラフ(円グラフ)と年間収支の推移グラフ(棒グラフ)を追加して、アフィリエイト全体のパフォーマンスをビジュアル化してわかりやすくしました。

ちなみに、各グラフの参照元データは下記画像のとおりです。

ASP別収益割合グラフと年間収支推移グラフの参照元

ASP別収益割合グラフと年間収支推移グラフの参照元。

「ASP別収益割合グラフ」について、なぜわざわざ別枠を作っているのかと言うと、エクセルで円グラフを作る場合、参照元データの並びがそのまま反映されてしまうからです。

円グラフというのは、一般的には右から数字の大きい順に表示させるのがお約束ですが、「ASP別収益」の収益データを反映させて作ると、このお約束を守ることができません。

これを理想的な表示順にするため、別枠でデータを取得しています。(データは「HLOOKUP」関数で自動取得)

ちなみに、円グラフの表示順を並べ替えたい場合には、下記画像のように「円グラフ並べ替え」からプルダウンで並べ替えてください。

ただ、並べ替えをする場合には、シートの保護を解除してからでないとできないのでご注意ください。

円グラフの並べ替えはプルダウンから。

円グラフの表示順はプルダウンで並べ替え。

『サイト別実績管理表』では、『ドメイン管理表』で登録している全てのサイトのパフォーマンスを確認することができます。ほとんどの項目を自動計算で処理させているので、正直マニュアルは不要かもしれませんが、このページでは補足も兼ねて解説していきたいと思います。

まとめ

さてさて、ここまでいかがだったでしょうか?

もし私の説明が下手くそでわかりにくい部分があった場合には、ごめんなさい。

この管理表は結構複雑な作りになっているので、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、使いこなすことができれば、きっとお役に立てられるかと思います^^

それでは今回はこれまでとなりますが、新しくなった当管理表を是非ご活用ください^^

スポンサーリンク
「アフィ管」の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

管理表ダウンロードはこちらから

このページでは私がエクセルで自作した「アフィリエイト管理表」を無料配布しています。よろしければ、アフィリエイトサイトの運営にお役立てください。

カスタマイズはシートの保護を解除

当管理表は、関数の入っているセルや見出しセルにはロックをかけてあります。(うっかり削除を防止)

そのため、「管理表のレイアウト、ダサすぎワロタwww」人や、「俺色に染めてやるぜ!」って人は、下記のとおり、各管理表のシート名を右クリックして「シート保護の解除」してください。

カスタマイズはシートの保護を解除

シート保護の解除方法

SSL暗号化通信について

当サイトは、SSL暗号化通信によってユーザー様の通信情報は保護されています。

SSL暗号化通信